生前贈与のメリットとは

節税できるというメリットがある

たくさんの資産を持っている人

国民の義務とは言っても、たくさんの税金を支払うことに抵抗を感じている人が見られます。 しかし税金を支払わないと、警察に捕まってしまうので気をつけてください。 生前贈与をすると、節税に繋がります。 脱税はいけませんが、節税は認められているので安心してください。

資産を渡す相手を決める

生前贈与なら、自分で資産を渡す相手を決められます。 自分の嫌いな人に、資産が行き渡ることがないので安心してください。 きちんとした理由があれば、渡す金額に差を付けても良いでしょう。 生前贈与したいと思ったらまず、渡す相手とそれぞれの金額を決めてください。

遺族の負担を削減できる

自分の資産の管理を遺族に任せると、負担を増やします。 できるだけ遺族の負担を軽くしたいなら、生前贈与を行ってください。 自分で分配しておくこと、自分が死んでから遺族が行う作業が少なくなります。 銀行に行って資産の確認をするのも大変なので、済ませておきましょう。

無駄な出費を抑えたい人

日本で暮らしていくためには、税金を納めなければいけません。
税金は、資産をたくさん持っている人はそれに伴って金額が高くなっていくシステムです。
せっかくたくさんの金を持っているのに、税で徴収されるのはもったいないと感じる人がいるでしょう。
そんな人におすすめなのが、生前贈与です。
生きている時に資産を譲ることで、税が発生しなくなります。
自分が収める税の金額も少なくなるので、メリットがありますね。

生前贈与は、確実に自分が資産を渡したい人に渡せる面もメリットだと言われています。
自分が死んだ場合は、遺族が資産を分配します。
しかし遺族の中には、資産を渡したくない人がいるでしょう。
また自分の世話をしてくれた人には、他の人よりも多く資産を与えたいと考えている人も見られます。
生前贈与なら、自分の希望を叶えることができます。
誰にどのくらいの資産を渡すのか、よく考えてから実践しましょう。
特に優先する人がいない場合は、みんなに平等に行き渡るよう分配しましょう。

また自分がしっかり分配するので、死んでから遺族に迷惑を掛けることがありません。
生前贈与していない場合は、銀行の口座を遺族が確認してから分配します。
意外と面倒な作業なので、遺族に負担を掛けたくない人は生前贈与を済ませておきましょう。
自分のお葬式もしてもらうので、できる限る遺族の負担が少なくなるよう工夫してください。
生前贈与は自分だけではなく、遺族側にもメリットがあります。

TOPへ戻る